ようこそ資産運用情報へ

相続税を知ろう

相続税

死亡した人の遺産を相続するときに課税される税金を相続税と言います。この相続税をしっかりと知っておくことで、後の遺産相続の際にスムーズに行くことになるでしょう。

まずは相続税の算出

1000万円以下の場合→税率10%、相続税控除額0円
1000万円から3000万円以下の場合→税率15%、相続税控除額50万円
3000万円から5000万円以上の場合→税率20%、相続税控除200万円
5000万円から1億円以下の場合→税率30%、相続税控除額700万円
1億円から3億円以可の場合→エイ率40%、相続税控除額1700万円
3億円以上→税率50%、相続税控除額4700万円

死亡した人の財産が基礎控除以下の場合には、相続税は0円で、相続税の申告をする必要もないです。
しかし、死亡した人の財産が基礎控除額を超える場合には、相続税がかかりますが、財産から基礎控除額を差し引けるので、その分相続税が少なくなります。

相続税控除額とは

  1. 生命保険
  2. 基礎控除5000万円+(1000万円×法定相続人の数) 例:死亡した夫に1億円の財産がある場合(妻、子供2人)
    基礎控除額5000万円+(1000万円×3人)=8000万
    1億円-8000万円=2000万
    ということは、相続税は2000万円に対してかかります
  3. 死亡退職金 法定相続人の数×500万円

以上が非課税の対象となります。

法定相続人の数

  1. 法定相続人数は、相続を破棄した人がいても、破棄した人も人数に入れます。
    例:相続人は妻、子供2人
    相続人は妻と子供2人となっていますが、子供二人が破棄した場合でも、基礎控除額5000万円+(1000万円×3人)=8000万円
    破棄した2人も人数に入れて計算するので3人となっています。
  2. 法定相続人に養子がいる場合には、以下のように相続人を含める人数が決められています。
    死亡した人に実子がいる場合は、養子のうち1人、または実子がいない場合には、養子のうち2人までが法定相続人として含まれます。
(c) 資産運用情報 AllrightReserved.