費用が安い興信所って本当なのか?失敗しない興信所の選び方。

興信所のお世話になるようなこと、できたらない方がいいですよね。
浮気、人探し、婚前調査、自己処理など、自分では解決できないトラブルって結構多いんです。

 

今回はそんなトラブルに出くわした時、少しでも安い費用で、失敗しない興信所の選び方をお教えします。

●気をつけた方がいい興信所選びとは?

・料金が安すぎる
案件にもよりますが、通常は2〜3人で調査を始めます。人件費、事務所の維持費、交通費などの諸経費だけでも結構な費用は発生するものです。
他社と比べて安すぎつのは注意が必要です。最悪はなんの調べもせずに「調査終了」なんてこともありえます。

 

・事務所体制に信頼性が乏しい
ホームページに住所が記載されていなかったり、電話番号が携帯電話のみなど所在が不確かな興信所ははっきり言って怪しいですね。

 

・費用設定が曖昧
興信所の費用は決まりがなく、個々によって異なります。
従って、基本的な料金の提示が確かでなければ多額な金額の請求をされることさえあります。

 

また、逆に料金が高いからサービスの質が良いわけでもありません。
一般的に普通の業種では「料金が高ければ質が良い。」と言うことに当てはまることが多いのですが、興信所はその考えは当てはまりません。

 

●興信所依頼のながれ

ここで一般的な興信所探しから依頼までの流れを見てみましょう。

 

■料金が発生しない部分

 

1.相談@
興信所に連絡して依頼の内容を伝え、費用の概算を確認します。一般的には、メールや申し込みフォーム、電話相談になります。

 

2.面談
興信所に出向き直接面談して内容と費用を確認します。

 

3.調査申込
これまでの内容に納得してら書面で契約をします。

 

ここまでが料金のかからない部分です。

 

■料金が発生する部分

 

4.企画
調査に要する人員や使用機材を決めます。

 

5.予備調査
事前に地理関係や事前情報の確認をします。

 

6.本調査
調査チームが組まれ実際に調査が始まります。

 

7.途中報告
調査の途中報告が依頼人に報告されます。

 

8.最終報告
最終結果をビデオ、写真など機材打ち合わせで確定したものを証拠として提出してもらいます。

 

●失敗しない興信所選びとは?

さて、本題の失敗しない興信所選びですが、上記の料金が発生しない部分で、適正な興信所かどうかを見分けなければなりませんね。

 

興信所は交渉のプロです。
もっともらしい話の流れをつくって依頼契約まで持ち込むのは簡単です。

 

相談するあなたは素人ですので、せめて、他者の料金システムや調査方法を知っておくことが必要です。

 

その為には、1社だけの相談でなく一括見積で複数の興信所を天秤にかけることが有利です。
3社〜4社程度が良いのではないでしょうか?
あまり多すぎるのも、交渉が面倒になるだけです。

 

このように興信所を探す場合は一括見積を利用して、調査的にも、費用的にも信用できる興信所を探すようにしましょう。

 

興信所の料金や評判を一括にまとめてあるため、トップページから見ることが出来ます。おすすめは原一探偵事務所になっていますが、他の探偵事務所も掲載しているので詳しくは上記のサイトで確認してみてください。

 

また、日々更新されている旦那の浮気語録も面白いですw

 

 

気持ちの整理をつけるために、探偵事務所に相談しました

私は毎日不安で、これが女性の勘によるものなのか、違うのか、早く楽になりたくて。
ある時、ケイタイを見てしまったのです。
主人もたまたま着歴やメールを消し忘れたらしく。
それからというもの、不安定になり、なかなか寝付けなかったり、カウンセリングにかかって、精神安定剤をもらったり、本当に精神的にボロボロでした。
少しずつ、冷静になってきて、私を苦しめるなら逆に私が苦しめさせてあげようと。

 

それで、恥ずかしくて誰にも言えない悩みを、探偵事務所に頼ることになりました。
相手の女性のことも知りたかったし、どれだけ頻繁に会って、私よりよいプレゼントをもらって、私をあざ笑っている女なのかと。見たかったから。

 

探偵事務所ではすぐ調べてくれ、私がある程度証拠を掴んでいたので、調査は早かったです。
すぐ、相手の女性のマンションもわかり、彼が何曜日に行くか、全て行動がわかったんです。
一度心は傷ついているので、探偵事務所で色々聞いても全然、ショックを、受けませんでした。
探偵事務所は調査員は一人の方に調査してもらいました。
二人だとまた調査料金が高いんです。
当時私は専業主婦でお金もあまりなくて、貯金を下ろして契約しました。
一人の調査でも、さすがプロなので、当たり前ですが、手抜きのこともなく、状況証拠を揃えてくれました。

 

まだ、彼には話してませんし、毎日知らないフリをして、生活を続けてます。
専業主婦にはお金がないので、独り立ちできるくらいのお金を貯めないと離婚は出来ないのです。
気持ちの整理には、探偵事務所を使うことをオススメします。

 

 

興信所を利用する時、成功率の重視や、成果を急ぐために二社以上に依頼を行なうのはNGです。

 

二社の興信所を利用すれば、片方が調査に失敗してももう片方が成果をあげてくれる、より詳細な情報が得られる、と思われるかもしれませんが同時期に二社以上の興信所に同じ依頼を行なうと、尾行がばれやすくなる、調査の妨げとなり様々なトラブルになってしまう、と良い事はありません。
見積もりのために同時に二社以上に連絡をするのはOKです。
見積もりの上で、どちらを利用するか絞り、一社のみを利用しましょう。

 

一社に調査を依頼したが、調査の結果に満足が行かないために調査を打ち切り、別の興信所に依頼をするのもOKです。

 

二社以上に調査を依頼すると、同時に二人以上の人物が調査対象を尾行し、尾行がばれやすくなってしまいますし、多くの人物が尾行をしていると目立つために周囲や調査対象に怪しまれてしまいます。

 

車での尾行の際にも二台以上の車がつけていると不便となりますし、交通量が少ない場所での尾行はとても目立ってしまいます。
聞き込みの際にも、周囲の人物にそれぞれの興信所の社員が聞きまわることになり、周囲の人物が調査対象になんだかおかしい、と告げるかもしれません。

 

一度に二社以上の興信所を利用すると料金も高額になってしまいますし、興信所側にも迷惑が掛かってしまうために避けましょう。
調査の結果はゆっくりと待ち、確実性の高い調査報告を期待しましょう。

 

ただし見積もりは2社のほうがおすすめです